スカーゲン腕時計~安心激安購入ガイド~ > ベルトの交換について

ベルトの交換について

腕時計好きの方は、季節や服装に合わせて
ご自分でベルトを交換することもありますよね。

ただ、残念ですが、スカーゲンの腕時計には
メーカー外で売られている汎用ベルトは使えないことが多いです。

スカーゲンは汎用ベルトとは交換できない?

レザーベルト、メッシュベルト、ともに特殊な加工になってものが多く、
一般的に売っている汎用ベルトと交換することができない場合があります。

 

バネ棒

このタイプは、一見バネ棒なので普通に交換できそうですが、
ベルト側の形状が特殊なため汎用ベルトとは交換できません。

 

革ベルト

こちらは革ベルトですが、ネジ留めされているのがおわかりになるかと思います。
汎用ベルトではこういうタイプの革ベルトはありません。

そのため、例えばレザーベルトが経年劣化で破れてしまった、
という場合は、代理店に修理として出すしかありません。

並行輸入品をお勧めする理由。

当サイトではスカーゲンは並行輸入での購入をお勧めしていますが、
その理由の1つがこのようなベルトの事情があるからです。

正規品であれ並行輸入品であれ、ベルトに関する破損は有償修理になります。

実はこの修理代金が、結構高いんですよね…
ベルト交換だけで5,000円以上とか、ざらにあります。

例えば正規品で15,000円、並行品で7,500円の商品として、
ベルト交換が5,000円と言われた時にどうするか。

私の場合はですが、正規品だったら修理するか迷う、
並行品だったら迷わず新しいのを買う、という選択になります。

使い捨てというわけではないですが、
並行品の価格であれば買い直すのがそれほど苦ではありません。

そういった点からも、スカーゲンの腕時計は
並行輸入で買った方がいいのではないかな、と思っています。

少し話がそれましたが、スカーゲンの腕時計は
ベルト交換ができないので気をつけましょう、というお話でした。