スカーゲン腕時計~安心激安購入ガイド~ > 電池交換について

電池交換について

クォーツ式の腕時計が止まってしまった場合、考えられるのは故障か電池切れです。

正規店で買った場合がどうなのかわかりませんが、並行輸入の商品を買うと、
買ってから意外とすぐに電池が切れてしまうことがあります。

一番早かったのは買って1週間ということもありました…
これは、最初から入っている電池は動作確認用だから、ということらしいです。

しかも、倉庫に入っている間も動いていて、商品を発送する時に動いていればOK、
ということみたいなので、在庫の期間にもどんどん電池が減っているんですね。

こればっかりは、並行輸入品が安い分、しかたのないことみたいですね。

ただし、ショップによっては購入してから1ヵ月以内の電池切れであれば、
電池交換無料というところもあります。ウォッチゲートさんなんかがそうですね。

心配な方は、ショップの利用規約などに
書いてあることもありますので、よく確認してから購入しましょう。

自分で電池交換はできる?

よっぽど慣れている方ならできると思いますが、基本的にはおすすめできません。

というのも、スカーゲンはご存知の通り薄さが命なので、ガラスも薄く作られています。
当然、ぶ厚いガラスを使用している時計よりは強度が落ちます。

電池交換をする際は、ガラス面を下にしてドライバーなどで裏ぶたを開ける、
という作業が発生しますので、慣れていないと傷をつけてしまったり、
最悪割れてしまうこともあります。

時計店に持ち込めば、大体500円~1,000円程度で電池交換してくれますので、
専門家に頼むのが一番良いかと思います。
もしくは購入したお店に連絡して対応してもらいましょう。

どうしても自分でやりたい方は

youtubeに動画が上がっていましたので、参考にしてみてください。

ちなみに、交換する電池については、普通に売っているボタン電池です。

開けて取り出してから型番を確認しても良いですし、スカーゲンの問い合わせ窓口に
電話して時計の型番を伝えれば、どのボタン電池を入れればいいか教えてくれます。

ただ、繰り返しになりますが、少しでも自信が無かったら
自分でやらないほうがいいとは思います。

僕は以前、自分でやろうと思ってスカーゲンに問い合わせて型番を確認して電池を購入、
いざ裏ぶたを開けようとして、力を入れすぎてガラスを割ってしまったことがあります。

それ以来必ず、購入したショップか、時計屋さんにお願いしています。
まあ、僕が不器用なだけなのかもしれませんが…